浴室リフォームで大切なこと

subpage01

初めてリフォームを行おうとした場合にお勧めな場所が浴室です。



一日の疲れを取る場所だからこそ快適な環境でなければなりません。

気軽にYOMIURI ONLINEに関する疑問にお答えします。

誰でも使いやすい浴室にする為には何が最低限必要なのかをいくつか検討してみましょう。1、扉は3枚引き戸にする2、床は滑りにくい素材にする3、手すりを設置する4、浴槽は冷めにくい構造とするそれぞれ具体的に考えていきます。



1、浴室内を広くする為に折れ戸が多く採用されています。年齢を重ねて車椅子生活となった場合に出入りが不便となります。


脱衣所で車椅子を乗り換える必要が出てしまうと介護者の負担が多くなります。

扉が広ければそのまま進入することができます。
2、床が滑りやすいと転倒する可能性が高くなってしまいます。

見栄えを重視したリフォームをしてしまうと怪我の原因となります。見た目よりも身体を気遣ったものとすれば安心して入浴ができます。

誰にでも使いやすい空間であることが最も重要なことです。


3、手すりは立ち上がる時、扉を開閉する時など力をいれなければならないところに設置をします。

浴槽から立ち上がる時には水の抵抗が加わり、普段よりも多くの筋肉量を必要とします。
転倒をしてしまうリスクを軽減するには手すりが欠かせません。
ぶら下がっても壊れないような耐久力が求められます。
4、リフォームをする多くの理由が浴槽です。


素材や構造によって冷めやすく長時間浸かっていられないものでは、リラックスをすることができません。

快適に過ごすには浴槽の構造にもこだわる必要があります。